映画『殿、利息でござる!』感想・ネタバレ

映画『殿、利息でござる!』を見ました。

阿部サダヲ主演とういことでコメディかなと思ったんですが、実は感動の人情物語でした。

作品情報

あらすじです。

江戸中期、財政の逼迫(ひっぱく)した仙台藩が領民へ重税を課したことで破産や夜逃げが続出し、小さな宿場町・吉岡宿は困窮し切っていた。このままではダメだと考える商人・穀田屋十三郎(阿部サダヲ)と同志たちは、藩に金を貸し付け毎年の利息を住民に配る「宿場救済計画」を考えつく。町の存続を図るため、前代未聞の金貸し事業を成功させるべく、彼らは私財を投げ打ち……。

登場人物

穀田屋十三郎(阿部サダヲ)

造り酒屋、穀田屋の当主。

菅原屋篤平治(瑛太)

茶師。

浅野屋甚内(妻夫木聡)

浅野屋の当主。穀田屋十三郎の弟。

とき(竹内結子)

煮売り屋「しま屋」の女将。

遠藤幾右衛門(寺脇康文)

吉岡宿の肝煎(きもいり)

千坂仲内(千葉雄大)

吉岡宿の大肝煎。

穀田屋十兵衛(きたろう)

味噌屋。穀田屋十三郎の叔父。

遠藤寿内(西村雅彦)

両替屋。

萱場杢(松田龍平)

仙台藩の出入司

先代・浅野屋甚内(山崎努)

浅野屋の先代当主。

伊達重村(羽生結弦)

仙台藩第7代藩主。

見どころ

映画『殿、利息でござる!』は実話が元になっています。

磯田道史さんの著書『無私の日本人』の第一章「穀田屋十三郎」が原作です。

宿場町を守るために9人の男が立ち上がり、自分たちの利益を考えずに働いた話です。

羽生結弦くんが出演してることでも有名ですよね。

羽生くんは先代藩主の役で出ていて、最後の方にでてきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする